カードローンのメリットとは?学生カードローンおすすめガイド

銀行の住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどは利用用途があらかじめ設定されていますが、カードローンは基本的に、生活資金であれば自由に使い道を決めることが出来ます。

 

担保や保証人が不要なのも魅力です。カードローンの金利は、カードローンサービスによって違ってきます。金利が1%違うだけでも返済期間が長期になる場合は利息に大きな差が出て来るケースも有ります。なるべく、金利の低いカードローンを選ぶのがおすすめです。

 

他社から借りている時も申し込みはできる?

複数のカードローンの申し込みを検討中の女性

クレジットカードやローンカードを他人に貸す事も、他人から借りることも法律で禁止されています。カードを貸した場合に生じた負債は、名義人に返済の義務があります。

 

他人ならば取り返すことは可能ですが、家族の場合は難しいことが多いようです。学生さんが自分自身のカードローンを作るには、金融会社の審査に通る必要があります。1社目の審査に落ちても次の2社目以降の会社の審査には通ることもあるので、続けて申込んでてもいいですが、複数の借り入れで信用は落ちますので、あまりオススメできませんよ。

 

他にも借りている場合、他社で借りれる?ということについては、一般的には2社〜3社以下がボーダーラインと言われているようです。これ以上の借入件数となると、格段に審査に落ちてしまう可能性が高くなるようです。また借入件数が少なくても審査に通らないケースもあるので、注意は必要です。

 

借入件数については、融資を行う金融業者が貸倒れとなるリスクを考慮して判断するため、申込みをする会社によって判断が分かれるところでもあります。

 

(参考リンク:消費者金融で他にも借りている人は他社でも借りれる?2社目キャッシング

 

学生専用の金利を設定しているところもあるにはある

インターネットにはカードローンサービスの金利を比較するサイトが数多くありますので、いくつか見てから検討すると良いでしょう。一つのサイトだけだと情報が誤ってる場合や作成者の主観が入っている場合があります。各カードローンサービスの返済シミュレーションを行ってみて返済が可能であるか、十分に見極めましょう。

 

学生であっても決められた返済日までに返済できなければ遅延となり、信用情報機関に記録されてしまいます。

 

また、どうしても返済したいからと言って新たに他のカードローンサービスから借り入れを行ってしまうと借金が雪ダルマ方式に膨らんでしまいます。

 

学生であってもカードローンなどでの借入のルールはしっかり守る必要があります。最初の返済シミュレーションが肝心です。ギリギリ返済出来る金額では無く、余裕を持った金額に返済金額を設定するのがおすすめですね。

 

おすすめカードローン